FX取引と米国双子の赤字について

こんにちは、FX取引において重要な基軸通貨であるドルを発行しているのはアメリカですが、実はその債務状況はあまりよくありません。みなさんは双子の赤字とか債務上限問題等という言葉をニュースで聞いた事があるのではないでしょうか。基軸通貨国にはそれなりの経済規模信頼性が求められるのですが、実はよくよく調べてみると本当にドルって大丈夫なのかな?と思うくらい深刻な問題が潜んでいるのです。今後FX取引をする上でもこの双子の赤字について知っておいた方が良いと思われますので、今日はこの点についてご紹介していきたいと思います。

・アメリカの債務状況を知らないあなた

双子の赤字というからには2つの要因がある事は容易に想像できますよね。まず1つ目ですが経常赤字(貿易赤字)です、端的に説明するとアメリカは輸出より輸入する額の方が多いのです。リーマンショック以前に行われていたドル高政策により、アメリカは自国で物を作るよりも輸入した方が安価であった事から経常赤字が慢性化しています。プラザ合意近辺の時代は主に日本に対する経常赤字が顕著でしたが、最近は中国OPECに対する赤字幅が増大しています。中国が世界の工場と呼ばれるようになり、多くの安くて良い物がアメリカで消費されている証拠です。この経常赤字を是正する為にアメリカは中国の通貨である元の為替レートの切り上げを求め、1日の変動幅に上限を設ける事で変動相場制へと移行しました。

もうひとつは財政赤字です、つまり国が財布には殆どお金が入っておらず毎年借金が膨れ上がっている状態なのです。2009年には金融危機もピークだった事もありますが1.4兆ドルにまで膨れ上がりました。もはや天文学的な数字に近付きつつありますね。この債務上限問題は毎回米国の上院と下院が時間ぎりぎりまでショーを繰り広げ、市場はそれに踊らされ右往左往しているのが現状です。これまで債務上限が毎回再設定されてきたのですが、これが出来ないとなったらデフォルトとなりトリプルAの信頼度を持っている米国債が暴落する事になります。

双子の赤字

この双子の赤字は赤字幅が大きくなるとドルの信認を落とす事からドル安要因となっております。発表される指標では米国貿易収支統計などの推移をチェックしたり、インターネットで米国債の発行額の推移を調べてみたりしましょう。FX取引をされている方はこの債務問題がニュース等で問題になった時、大きく相場が動き、それまでのトレンドが変わるかもしれないという事を頭に入れておきながらどの様にトレードをしていくか戦略を練っておきましょう。