FX取引とナンピン買いについて

「ナンピン買いは禁物」と投資の世界では良く言いますよね。ちなみに実は漢字で書くと「難平」と書きますが、その言葉自体は取得平均価格を下げるという意味で悪い意味ではありません。自分の手持ち資金トレードにかけてもいい時間等から判断して、的確に平均取得価格を下げる事はむしろ良い事です。

ナンピンは投資の本や、雑誌でも基本的な事柄として書かれているのですが、実際に投資を始めてみるとなかなか守る事が難しい行為なのです。初心者だけでなくプロの方ですらこの基本的な格言を守る事が出来ずに相場から退場させられる事も珍しくありません。これは自分が立てた予想と相場が反対に動いた時に、自分の戦略が正しかったのかどうか客観的に判断できない為なのです。

・自分の戦略が客観的に判断できないあなた

会社の仕事でもそうですが会議で色々な意見が出され、その時点での最適な妥当解を決めることで仕事がうまく進みます。どんな頭の良い人でも考えられる範囲は限られており、FX取引でも同様に自分ひとりだけで相場に対する戦略を立てるのはかなり困難です。特に裁量トレードをしている時に予想しなかった急激な変動に直面し、誰かに相談したいと思ってもどんどんトレードは変化していきますのでそんな時間は無いですよね。

ナンピン

・ナンピンしてしまいそうな人は要注意

自分が立てたポジションに含み損が発生したとき、「ここが底だから今買っておけば後でさらに儲かるのでは」と思ってしまう人は要注意です。大体の人がその時点で損切りをしておけば殆ど後で影響が出ないくらいの損失でもナンピン買いを始めてしまい致命傷を負ってしまうのです。特に初心者の方が陥りやすい思考のロジックで殆どの人が一度はやってしまうミスです。人間の心理はコントロールが難しいので、そういったミスを無くしてトレードをしたいのであればトレードの仕組みを変える必要があります。そこでお勧めなのが自動売買システムです。マイルールをしっかりと考えている人であっても裁量取引ではトレード時にその通り行動できるか保証できませんよね。実はそのマイルールをきちんと実行しておけば大きな利益が得られていたのに相場の値動きに翻弄されて実行できなかったという方が大勢います。ですのでトレードは戦略のみを立て、実際の作業は自動売買システムに行ってもらうと言うのが効率的なトレードなのです。ずっとリアルタイムでチャートとにらめっこをしながら裁量取引きのスキャルピングは長い目で見ると自動売買システムにはかないません。自分の時間を有効活用してより人生を豊かに過ごす事を考えるようにしてみませんか。