FX自動売買のメリット(特徴や長所など)

みなさんはFX取引を行う際に、まずは裁量トレードで自分で実際の為替相場を眺めたりしながらポジションを保有したり、利益がでればそのポジションを確定したりしてトレードを始められる方が多いのではないかと思います。自分の資産なのでコンピュータなんかに任せる事はできないという方もいらっしゃるかと思いますが、FX自動売買システムには裁量トレードでは得られないメリットがあるのでご紹介したいと思います。

実際に何も知らずに裁量トレードを行った方は皆同じような経験をお持ちかと思いますがポジションを保有したとたん相場が逆の方に動いてしまい、まるで誰か後ろから自分を見ていてわざと相場を逆に動かしているのでは?等と思ったりする事もあるのではないでしょうか。実際の相場は様々な要因で上下に動き、まるで生き物の様ですよね。しかし、一見その様に見える為替相場もある程度の経験則に従って変動している事が分かっています。さらに、世界各国の経済指標に反応する事も分かっています。また、過去の値動きと似たようなチャートを描く事や、直近の安値・高値などに同調する事など初心者の方には覚えきれないほどの様々な要因があるのです。FXトレードをしながらそれらの勉強をしていくのも非常に楽しいのですが、ご自身の資産を失ってしまっては勉強代としては高すぎますよね。こういった初心者のウィークポイントをFX自動売買システムは補ってくれるのです。

FX自動売買システムが裁量トレードには無い魅力的な特徴があり、それば以下の様になります。

①24時間自分の代わりにプロが使用しているロジックでトレードしてくれる

外国為替市場は24時間眠らないマーケットです、その間あなたの代わりに休むことなくチャンスがあればプロが使用しているトレードロジックで資産を運用してくれます。どんな人でも裁量トレードでこの点で自動売買システムで勝てる人はいません。

②取引会社のサーバー上で動くため自分のパソコンやモバイルが使えなくてもトレードしてくれる

裁量トレードでは取引会社のシステムで指値注文等を出しておく事が出来ますが、新しい注文を出す場合には自分で操作しなければなりません。もしチャンスが訪れた時、通信障害等でサーバにアクセスできなかった場合にも自動売買システムは有利だと言えます。自分がパソコンの前に座っている時間には限りがありますので、その時間内にチャンスが巡ってくる可能性は低いです。それよりもサーバー上に自分の分身を置いて相場を見張る方がはるかに良いですよね。

③裁量トレードでは不可能なスピードで売り買いが可能

裁量トレードでは変動が少ない様な時間帯でトレードしてもあまり大きな利益を得ることは難しいですが、自動売買システムはこういった相場でも超高速でトレードを行い、小さな利益を山の様に積み上げてくれます。比較的変動が少ないアジア時間にトレードしたい人にとって力強い味方になってくれるでしょう。

以上の様にFX自動売買システムの特徴をご紹介させて頂きました。FX取引を始めてみてあまり思った様に伸びないという方はぜひ検討してみてください。

トレードで勝てる自分ルールの確立する方法

自分のルールを決めるという事はFX(外国為替証拠金取引)に限ったことではなく、何事にも当てはまる事ですね。ある一定の利益を目指す上で、利食いや損切りのタイミングをある判断基準により確定させる事は非常に重要になってきます。ここではその考え方についてご紹介していきたいと思います。

おそらく、何か目的があって自分の資産を増やしたいという事で始められる方が多いと思われます。しかし、いくら利益を出したいのかすぐに答えられない人が多いのではないでしょうか。

ルール

①    目標を設定してみましょう

自分のルールを決める第一歩として、「いつまでに目標とする利益を得たいのか」を決める事だと思います。そこからブレイクダウンして自分が1カ月にどの位トレードで利益を出して行けば目標が達成できるのかが分かってくると思います。含み益が出ている状態でも自分がいくら勝てば良いのか分からなければそのポジションを確定する事は出来ないでしょう。さらに、このポジションはまだまだ利益が伸びるなんて思っていると必ず含み損が発生し、その時点で狼狽売りをして必ず損をしてしまうのです。

まずは目標を明確に定め、その後に具体的なルールを設定していきましょう。

②    1回のトレードで得たい利益、許容できる損益を決めましょう

よく頭と尻尾はくれてやれと言われますが、それはトレンドのピークは誰にも分からないからなのです。為替相場は色々な要因で上下に動き、完璧にトレース出来る人はこの世の中に存在しません。なので、トレード毎に判断基準を自分で決めておかないといつ利食いをすればいいか分からず、勝機を逃してしまいます。

最初の内はさじ加減が分からないかもしれませんが、裁量トレードを行う際も必ず保有ポジションには指値注文を入れておき、少しずつ自分に合うペースを見つけましょう。

リアルタイムで裁量トレードをすると、どうしても感情が入ってしまうという方には、自動売買システムを使ってみるのも1つの手段ではないかと思います。

③    相場に向き合う時間を決めましょう

良く初心者の方がFXを始めたばかりの頃、デイトレードを行う為に徹夜でチャートを見ていたなんて話は珍しくありません。仮にそれで利益を得られたとしても人生で最も大事な「時間」をそこで浪費するのはあまりお勧めできません。自分がコントロールできない様な大きなポジションを保有してしまうと気になってしまい、仕事やプライベートでも結局時間を取られてしまいます。

FXの相場である外国為替市場は24時間動き続けます。世界各国の市場での値動きもそれぞれ異なりますので、自分に合った時間帯を探すのも非常に重要です。自分の得意な時間帯だけトレードしたりするのも良いかと思います。

トレードが上手くいかない時や、予想以上に利益が出せた時も少し相場から離れてみるのも1つのルールとして設定して良いかもしれません。

以上の様に筆者のお勧めする自分ルールを①②③と紹介させて頂きました。自分に合った具体的な判断基準を思いついたらノート等にまとめてましょう。

 

 

基礎

FXのレバレッジがもたらす長所と短所

FXに興味を持たれている方はご存知かと思いますが、FX取引会社ではレバレッジ取引が出来るようになっています。数年前までは最大で証拠金の400倍ものレバレッジを効かせて取引を行う事ができましたが、多額の損失を出す人が急増して社会問題にまで発展しました。それを受け、現在では最大でも25倍までしかレバレッジをかける事が出来ない様に法的に規制されてしまいました。(海外の取引会社では今でも高い倍率のレバレッジが選択できます)

小さな資産を大きく運用するという事で、資産形成層の若者や主婦の間でこのレバレッジ取引は人気を集めてきました。あまりに高いレバレッジが社会問題となったのは事実ですが、どんな物にも良い面と悪い面がありますよね。ではその長所と短所について平べったくお話していきたいと思います。

長所ですが何と言ってもセールストークの通りで、仮に100倍のレバレッジを使う事が出来ると1万円しか持っていない人があたかも100万円分の取引が出来るようになってしまうのです。何気なくニュースで為替レートが出ていますが、FXをやっていない人にとって昨日から何銭変化したなんて全く気にならないですよね。しかし、1ドル100円で買ったドルが101円になったとすると1万円では百円しか為替差益が出ませんが100万円では1万円と利益も100倍になります。

しかもレバレッジを使用する際に特別なお金は必要ありません。普通に100万円を調達しようと思った時、1万円しか持っていないとなると残りの99万円を借りる為には高い金利が必要ですが、レバレッジ取引にはそれがないのです。おそらく10人に聞いたら全員このレバレッジ効果を長所と挙げるのではないでしょうか。

さて、短所ですがこれについては色々とあると思います。特に初心者の方が感じるのは金銭感覚が麻痺してしまうという事だと思います。ポジションを保有してみて分かると思うのですが1万通貨分保有すると1銭レートが変化するとポジションも100円変化するという事はすぐにわかると思います。

しかし、だんだんポジションを殖やしていくと自分が扱っている金額が良く分からなくなってきます。レバレッジの倍率が高いほどその状態に陥りやすく、瞬間的に大きな変動があった場合に証拠金が不足してロスカットされてしまうのです。

長所と短所について一例を紹介しましたが、気をつける点についてまとめると教科書通り証拠金の管理をしっかりとしましょうの1点に尽きると思います。

投資ですからリスクはつきものです、しかしポジションを維持する為に必要な証拠金以外に余剰資金も取引会社の口座に入っていないと瞬間的な変動でポジションがロスカットされてしまい後から見て、損しなくても良かった相場だったというのも良くあります。相場は逃げる事はありませんので、チャンスの時に買い増し出来るくらいのスタンスで臨みましょうね。

基礎